ホーム >心臓病をよく知ろう>心不全について

心臓病をよく知ろう

心臓はポンプのように拡張することにより血液を内部に充満させ収縮することにより血液を全身に送り出します。
ヒトの全身の細胞・臓器は血液によって酸素などが供給されています。なんらかの理由で心臓の機能が障害されると血液が十分駆出されず血液がうっ滞(これをうっ血といいます)して様々な臓器に障害が起こります。これを心不全といいます。心不全は心臓の機能が低下した状態をさし、一つの病気を表すものではありません。心不全の原因としては心筋梗塞などの虚血性心疾患、高血圧性心臓病、心臓弁膜症、心筋症などがあります。これらの病気があっても中等度までであれば通常心不全はおきません。心臓は予備力が大きく多少の異常があっても症状がでないようになっています。
しかし病気が重症になってくると心不全の症状が出現します。心不全の症状として多いものは息切れです。これは呼吸を行っている肺において血液がうっ血するため酸素の取り込みがうまくいかず呼吸が苦しくなる状態です。
また顔面や下肢のむくみをおこすことがあります。心不全の診断は症状、理学所見、検査などを参考に総合的になされます。胸部単純エックス線では肺うっ血や胸水などの特徴的所見がみられることがあります。心電図では心不全の特徴的な所見は少ないですが心筋梗塞、高血圧性心臓病など心不全の原因疾患の診断がつくことがあります。また、心エコーでは心臓の動きを直接評価することができます。治療は安静、酸素吸入、薬物療法が主体となります。
薬物にはうっ血をとる利尿薬、心臓の負担を軽減する血管拡張薬、心臓の収縮力を増強させる強心薬などが使用されます。薬物治療のみで改善しない場合には循環補助装置などを併用することもあります。また虚血性心臓病が心不全の原因の場合、適切な血行再建を行うことにより心不全のコントロールがつくこともあります。心不全はいったん良くなっても再発しやすい疾患です。お薬の内服や通院を自己判断で中止することがないようにしましょう。