事業内容
ホーム >事業内容 >調査・研究事業

調査・研究事業

当財団の調査・研究事業としては、福岡県久留米市田主丸町で昭和33年に開始された世界7カ国共同研究の日本の調査・研究を引き継いで、現在まで疫学調査・研究を継続しています。また、平成14年から農村である田主丸町と対比するために、漁村である宇久町の疫学調査・研究を始め、循環器病や動脈硬化の新たな成因や促進因子を解明し、その予防や制圧の方法を確立するための研究を行っています。また、50年以上の長い年月の研究ですので、日本の食事や生活習慣の変化が病気の種類にどのような影響を与えるかを調べています。

平成24年疫学業績
平成25年疫学業績
平成26年疫学業績
平成27年疫学業績